Clock Shop 543 ◆クロックショップ・コヨミ◆へようこそ
掛け時計 置き時計 振り子時計 掛け時計 ウエストミンスターチャイム
www.543net.com
Produced by Koyomi Co.,Ltd.
Koyomi Co.,Ltd.
ホーム ご利用の手引 文字入れサービ お問い合わせ 会社案内

掛け時計 振り子時計 置き時計 船舶時計 カッコー時計 ベネチアンクロック


 ■ 取扱説明 -Movement No.0711 : Mechanical stick movement, passing bell strike on the hour-


■開封
カートンから時計および振り子を注意して取り出して下さい。
■輸送破損防止材の取り外し
輸送中の破損防止材として時計本体・機械内部の振りベラに取り付けてある輪ゴム・ウレタン・ボール紙等を注意深く取り外して下さい。
チェーンを時計に止めている紐は時計を壁に掛けるまで外さないで下さい。その方が設置作業が容易です。
■時計のセッティング
時計本体を壁面に真っ直ぐに掛けて下さい。
その後チェーンを止めている紐を外し、絡まらないように垂れさせて下さい。
チェーンの一方の端にはフックと、もう一方の端にはリングが付いており、フックの少し上にはもう一つリング(停止リング)が付いていることをお確かめ下さい。
次にフックの方に分銅(錘)を掛けて下さい。
振り子は機械本体の背面にある振りベラに取り付けます。時計の前面からカギ型を後方向へ向けて振りベラの下部に掛けて下さい。
■分銅(錘)の引き上げ
一度分銅をを引き上げると約1週間稼働します。分銅は定期的に巻き上げるのを忘れないで下さい。
引き上げ時には、
分銅を手で軽く持ち上げながら、一方のチェーンをゆっくり下方向へ引いて下さい。
チェーンは停止リングがケースに当たる直前まで引き上げて下さい。引き上げが完了した後、分銅を支えている手をゆっくり離します。
分銅を手で支えずにチェーンだけを引いて引き上げた場合、チェーン自体の変形や本体歯車の必要以上の摩耗をまねき、故障の原因となる場合があります。くれぐれもこの点にご注意下さい。
■かた振りの調整
時計を動かす際は、振り子を持って左右いずれかいっぱいまで引いて、ゆっくり手を離して下さい。これで時計は動き出します。
振り子が左右均等に振れなければ正確に時計は動きません。振り子の動く「カチ・カチ」という音を聞いて、均等に振れているかどうかをご確認下さい。もしこの時、音がどちらか一方にかたよって聞こえる場合(「カチ・カーチ」と聞こえる場合)は、時計本体の傾きを左右どちらかに微調整して、音が均等に聞こえるように設置して下さい。
■時計の合わせ方
長針を時計回り(右回り)にゆっくり回して時刻を合わして下さい。微調整で針を反時計回り(左回り)に回す以外は、出来るだけ逆方向に回す事は避けて下さい。機械の歯車に余分な負荷をかける結果になります。
■時計の調整の仕方
時計は工場出荷時に調整しております。しかし輸送等の影響で時刻が合わなく場合があります。
時計の進み遅れを調整する場合には、振り子の下に付いております調整ネジを回して調整して下さい。

● 時刻が進む場合には、調整ネジを左回りに回して下さい。
● 時刻が遅れる場合は、調整ネジを右回りに回して下さい。

※振り子の支点から振り玉の重心までの距離が短くなれば、振り子の周期が短くなり、時間は進みます。反対に距離が長くなれば振り子の周期が長くなり、時間は遅れます。

調整ネジを一回転させると、1日当たりおよそ45秒の調整になるものと目安にして下さい。




 Home << 戻る